クラウド時代のマイクロソフト系インフラ管理者はまずAzure Active Directoryを理解し活用しましょう

Azure Active Directory
スポンサーリンク
スポンサーリンク

オンプレミスのActive Directory
クラウドのAzure Active Directory

マイクロソフト系のインフラ管理者にとってオンプレミスの時代に特に重要だったのはActive Directory(以下AD)でした。拙著(Windowsインフラ管理者入門)でも触れたところです。Windowsのドメインという仕組みがあり、そのドメインの中でIDを司るADがあり、アプリケーションはADに対応し、ADに参加したWindowsクライアントからアプリケーションを利用していたのです。

クラウド時代においても依然としてADは重要です。ですが、様々なクラウドサービスを利用し、他の企業とも連携していく必要性が高まる中で、企業内ネットワークに閉じてADのIDのみを利用したシステムだけを利用していればよい時代はとっくに終わりました。

オンプレミスのADをActive Directory Federation Services(以下ADFS)を介して外部とフェデレーションで結ぶという形態での社外ネットワークへの対応もありますが、現在向かっている方向は明らかにAD + ADFSという構成ではなく、クラウド上のIDaaSであるAzure Active Directory(以下AAD)です。AADをID基盤として利用する形態を中心に進化しています。

AADはマイクロソフトが提供するクラウドサービス(Office 365, Azure, Dynamics 365等)のほぼ全てのID基盤となっています。マイクロソフトのクラウドサービスを使っているユーザーは特に意識していなくてもすでにAADを利用しており、クラウド上にIDを保持しています。しかもAADは基本料金無料で提供されています。

また、オンプレミスにADを持つ企業が簡単にAAD上にIDを保持できるように、IDを同期、連携する仕組みも完全に無料で提供されています。

マイクロソフト系のインフラ管理者にとってオンプレミス時代にはADを、クラウド時代にはAADを軸にIDを管理し、そのIDを軸に様々なアプリケーション利用をコントロールすることはほぼ必然であり、まずはじめに抑えておく必要がある部分です。

AADでサービス連携、企業関連系、コンシューマーID連携

AADにはSAML 2.0, WSFederation, OpenConnectID、OAuth 2.0等の業界標準のプロトコルも採用され、マイクロソフトが提供するクラウドサービスにとどまらずインターネット上の様々なサービスと業界標準のプロトコルで連携可能になっています。AzureAD B2B, AzureAD B2C等、企業間の連携やtwitter, facebook等のコンシューマー向けのIDとの連携機能も備えています。

過去、ADを中心としたIDシステムにおいて企業間、グループ企業間でシームレスに連携させることは非常に困難でした。単純にネットワーク的につながっていないものを接続する所から苦労は始まり、個別にシステム毎に連携方法を模索し、ロジックを作り込んでいるケースが多くありました。

クラウド時代には過去と同じような苦労をする必要はありません。IDはインターネット上に存在しており、自由に標準的なプロトコルで連携可能となるのです。

セキュリティ対策

クラウド上にIDシステムが存在することでセキュリティ面の心配をする人も多くいると思います。ですがそれは逆です。むしろクラウド上にIDを保持することの方がセキュリティ面で有利である時代になっています。

クラウドサービスを全く使わずにIDもシステムも完全に社内ネットワークで閉じている状況であれば確かに外部からの攻撃に対しては非常に強いでしょう。入り口も出口も無く、窓を全て締め切っていれば外界から攻撃する手段はありません。それは事実です。ですが、このようにインターネットと分離した環境であったはずの環境においても利便性を求めた結果本来の設計とは異なる構成となってしまい、大規模なセキュリティ事故が起きた実例があります。

このクラウド時代に外部から完全に閉ざした鎖国状態のシステムを作っても生産性高く活動を行えるはずがありません。そうなるとインターネットとの接続をどうしてももつ必要があります。その段階でクラウド上にIDをもつか、オンプレミス上にあるIDに対しての認証の窓口を開かなくてはいけません。

インターネット上に常に存在し、多数の攻撃にさらされながらそれに耐え、しっかりとした運用体制やセキュリティ対策の取られているクラウド上のIDaaSを利用するのと、オンプレミスで自分たちで面倒を見ているシステムとでどちらがセキュリティが高いでしょうか。クラウド上のIDaaSには大量のIDをさばきながら取得できる情報を活用した高付加価値のセキュリティ対策サービスが多数備わっているという現実もあります。ここは人によって意見が分かれる場所かもしれませんが、私見ではあきらかにクラウド上にIDをおいたほうがセキュリティが高くできる現実がすでにあり、今後もその傾向はどんどん強まっていくと考えられます。

むしろ積極的にクラウド上にIDを置き、IDaaSが継続的に進化し続ける機能を把握し、それを有効に活用すべき時代になっていると考えます。

まずAzure Active Directoryの活用から

マイクロソフト系のインフラ管理者がクラウドに足を踏み出す際には、個人的なおすすめとして是非AADの活用から考えてもらいたいと思います。AD+ADFSではなく、他社のIDaaSサービスではなくAADを利用してほしいです。

AADはマイクロソフトのクラウドサービスの根幹となり、全てのシステム、全ての仕組みに関連するものだからです。

そして、AADは無料でありいくつでも作成できるものなのですが、「本番AAD」を1つ作成し、基本的に全てのものをそこに紐付ける形にすることをお勧めします。つまりそれはシステム毎にID、Passwordを別々に作成して分割する…ということをしないようにするということです。私のおすすめは全て、例外なくです。他社製のクラウドサービスを利用するときですらです。

この構成をお勧めするのには様々な理由があり簡単に言い表すことは難しいのですが「1つのIDを利用して全てのものを利用可能とするのが最も便利でセキュアで運用コストが低いから」です。この点はもっと説明が必要ですのでまた今後のブログエントリで解説していきたいと思います。

コメント

  1. […] クラウド時代のマイクロソフト系インフラ管理者はまずAzure Active Directoryを理解し活用しましょう | Microsoft Cloud Administrators […]