子供を2人連れて登壇してきました。

Azure Stack
スポンサーリンク

#この投稿は下記3つのブログにクロスポストしています。

今日はお休みの日ですが、Interact 2019にて登壇させてもらってきました。

休日のコミュニティイベントへの参加も解禁しましたが、今回はさらに長男と次女をつれていきました。そして私と一緒に登壇させました。

長男はきちんと自己紹介できましたが、次女は恥ずかしがって私の後ろに隠れてしまいました。そして結局、事前にはなにも教えておかずにその場で「こうやって」って操作をさせて、MinecraftのサーバーをAzure上に展開してもらいました。

どうやら結局なんだかよくわかっていなかったようですが、それでも楽しかったようなので良かったです。

セッションは参加してくれた人に何度も笑ってもらいました。それがよかったです。笑いもなにもない真面目なITのセッションって本当にくらーい感じになってしまうのでそういうのは好きじゃないんです。なんでも楽しいのがいいですよね!

資料はSlideshareにアップロードしておきましたので、よろしければご覧くださいませ。

評価

この記事はいかがでしたか?評価を是非聞かせてください。

1 票, 平均: 5.00 / 51 票, 平均: 5.00 / 51 票, 平均: 5.00 / 51 票, 平均: 5.00 / 51 票, 平均: 5.00 / 5 (1 votes, average: 5.00 out of 5, rated)
https://diary.ebisuda.com/https://windowsadmin.ebisuda.com/https://cloud.ebisuda.com/
今日はお休みの日ですが、Interact 2019にて登壇させてもらってきました。 休日のコミュニティイベントへの参加も解禁しましたが、今回はさらに長男..." />
読み込み中...
プロフィール
この記事を書いた人

Microsoft MVP(2014~)。現在はMicrosoft MVP for Microsoft Azure。「Windowインフラ管理者入門」という本を書きました。Windows系中心のインフラよりの何でも屋。脱原発。エレキベース, ドラムを演奏します。将棋もちょっとやります。

ebiをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
Azure Stack
スポンサーリンク
ebiをフォローする
Microsoft Cloud Administrators

コメント

タイトルとURLをコピーしました