2019/4/27にMicrosoftさん、Lenovoさんと【本当の値段がわかる】Azure Stackセミナーをやります。

Azure Stack
スポンサーリンク

4月27日に品川の日本MicrosoftさんのセミナールームにてAzure Stackに関する値段をやります。

今回はAzure Stackの魅力や良さは理解しつつも「ちょっと値段が高すぎて…、だって3千万も4千万もするんでしょう?とても予算的に手が出なくて…」と、値段が原因で手が出なかった方に「本当の値段」がわかるような内容にしたいなと思っています。

値段と言っても様々な観点があります。

  1. ハードウェア料金
  2. ラックや電源等含めた設置場所
  3. 既存の環境と接続するための設計
  4. ハードウェアを設置するための設置作業
  5. 設置後にAzure Stackを構成するための作業
  6. 構築した環境を実際に利用可能にするための構成
  7. 構築した環境を運用
    1. 監視
    2. Update / Upgrade
    3. バックアップ
  8. 構築され運用されている環境をユーザーが利用するための仕組みを作る、回す
  9. 可動したリソースに対して支払うライセンス費用
  10. 基盤のオペレーターに対して支払う報酬
  11. (既存環境から移行する作業)

これまで単純に1だけの値段を見て「高い」という反応をされてしまうお客様も結構多かった印象です。1の値段が例えば5千万だろうと1億だろうと1~10トータルで長期的に考えたときの値段のほうが本質的に重要ですからAzure StackのTCOは本質的に圧倒的に安いというのが私の考えではあります。(※ただしそのためには「誰が何をするのか」という部分でのパラダイム・シフトが合わせて必要です。)

ですが、今回のセミナーでは1の値段だけをみて「高い」と反応してしまっていた方にも「お?これなら先に進められるかも!」という感覚を持ってもらえるような値段が出せそう、ということで話が始まっています。

本当にセミナーに来てもらって、具体的な話が出来る方にしか伝えられない情報になりそうなので、是非お越しいただければと思います!

申込みは下記からお願いします!

評価

この記事はいかがでしたか?評価を是非聞かせてください。

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1 votes, average: 5.00 out of 5)
読み込み中...
プロフィール
この記事を書いた人

Microsoft MVP for Cloud and Datacenter Management。「Windowインフラ管理者入門」という本を書きました。Windows系中心のインフラよりの何でも屋。脱原発。エレキベース, ドラムを演奏します。将棋もちょっとやります。

ebiをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
Azure Stackセミナー告知
スポンサーリンク
ebiをフォローする
Microsoft Cloud Administrators

コメント

タイトルとURLをコピーしました