M365 E5検証ライセンスを申し込む【M365フルクラウド環境検証 その3】

Microsoft 365
スポンサーリンク

この記事はシリーズの3つ目の記事です。他の記事も参考にしてください!

さて、今回はIntuneでデバイス管理の入り口を…と思っていたのですが、よく考えたらまず評価ライセンスを申し込まないといけませんでした。というわけで、今回は全部入りライセンスのM365 E5のトライアルを申し込んでみたいと思います。

スポンサーリンク

Microsoft 365 E5トライアル申し込み

まずMicrosoft 365 E5トライアル申し込みをするための管理者ユーザーを作成します。もともとのAzure ADを作成したユーザーが管理者になっているのですが、別のAADディレクトリから招待されたユーザーであり少々心配なため…。

そして、新規のAAD管理者であるadmin@tm-plan.netにてMicrosoft 365管理センターにアクセスします。

Microsofot 365 E5の試用を開始します。

ロボットではないことを証明します。

25ユーザーでの1ヶ月試用ができます。

ユーザーへのライセンスの割当て

1ヶ月間のトライアル申し込みはできましたので、テストユーザーにライセンスを割り当てます。

これでテストユーザーにMicrosoft 365 E5のライセンスを割り当てることができました。では次回こそIntuneを構成してデバイス管理の構成をしたいと思います。

シリーズの次の記事はこちら!

評価

この記事はいかがでしたか?評価を是非聞かせてください。

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
読み込み中...
プロフィール
この記事を書いた人

Microsoft MVP(2014~)。現在はMicrosoft MVP for Microsoft Azure。「Windowインフラ管理者入門」という本を書きました。Windows系中心のインフラよりの何でも屋。脱原発。エレキベース, ドラムを演奏します。将棋もちょっとやります。

ebiをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
Microsoft 365
スポンサーリンク
ebiをフォローする
Microsoft Cloud Administrators

コメント

タイトルとURLをコピーしました